同じ色を出すことはほぼ不可能

命名の経緯山崎斌が1930年12月資生堂ギャラリー(銀座)で実施した"草木染信濃地織復興展覧会"が創始とされる。それまでの植物を用いた染色に対して特定の呼称がないので、展示会に際して、新たに考えて周りの招待した。同時に、山崎は、登録商標を申請し、1932年に受理された。すでに商標の期限が切れるが、後継者である息子の山崎青樹(せいじゅ)の追加申請をしていない。これは、"草木染を愛する人々に自由に使用したいと思う"は、風によるものである。 染色方法主に植物の葉、茎、根、実などの煮だした溶液に繊維を浸し、20分ほど加熱染まった色素の金属イオンと結合して、発色させる。金属イオンと結合を媒染と、アルミニウム、銅、鉄などを溶かして溶液に繊維を20分ほど浸す。植物抽出液と媒染を繰り返して、色素の繊維の染色に服をよくやって染色濃度を上げる。 合成(化学)染料との違い草木染めは合成染料に比べて... 品質が一定しない。天然染料は、色素の含有量が一定せず、また単一の色素のみを持つものも少ないので、同じ色を出すことはほぼ不可能だと言う。 濃く染色するのは難しい。天然染料ヘナは色素を持っていても、合成染料のように多量に含まれているわけではないので、暗い色に染まることは時間が非常にかかる。 染色時間が決まる。染料自体の採取時期による色の違いや季節的な染色方向適していませんので、染色する季節には、自然と固定されていることが多い。 被染色物(染めのもの)の色が照明や汗、果汁などに弱いものもある。 このような化学染料の違いは、産業的に量産するという点で欠陥があると把握されている、身近な材料で、家庭でも容易に染色されていることや、趣味や手仕事の分野が同じことができない魅力だと把握している人もいれば、草木染めだけの楽しみとする。
[PR]

# by picocafe | 2010-07-28 12:59